有名な不動産屋に良い物件があるわけではない?

 「有名な不動産屋」には2種類ある

不動産屋に訪問すると言っても、どこに行ったらいいか?と考えると意外と分からない場合が多いです。

通常、インターネットで希望する物件が絞れたらその物件を扱っている不動産屋へ連絡し、「この物件ありませんか?」という話から始まって訪問するというケースが今ではほとんどでしょう。だから、物件によって訪問する不動産屋が決まってしまい、結果としてその不動産屋の他の物件を選んで契約してしまうなんてこともあります。

ですので、初回に訪問する不動産屋というのは意外にも物件を選ぶ際に重要な意味を持ちます

この初回に訪問する不動産屋がどんなタイプかでもさらに影響度合いが変わります。大きくはその不動産屋の2種類のタイプの違いによります。

CMで良く聞くチェーン店型の不動産屋

まず、よくCMなどでも耳にするような名前の不動産屋。チェーン店もしくはフランチャイズ店として各地域にある不動産屋です。

エイブルピタットハウスアパマンショップなどなど挙げればたくさん出てくるのですが、こういった有名な名前の不動産屋は大抵は物件の元付けとはなっていない、つまり大家と直接物件を仲介してもらう契約をしていない場合が多く、このような不動産屋は大抵は元付けされた物件がいろいろな不動産屋に回ってきたものを紹介する客付け物件が多いです。

みんなに紹介された物件ばかりが出回っているので、掘り出し物系の物件はほとんど扱っていないでしょうし、良い物件があったとしても「先に契約がきまってしまった」なんて場合も繁忙期にはよく遭遇します。

地元で有名な老舗不動産屋

逆に、同じ有名でも「地元で有名」といった老舗不動産屋はその逆で、元付けの物件が多いです。これは大家が地元の人の場合が多く、地元の老舗不動産屋と長く付き合いがあるために元付けとなっている場合が多いからです。初めて行く老舗不動産屋はたいていチェーン店よりも無愛想でアウェイな空気が満載ですが、これに耐えれるようなら良い物件が見つかるかもしれません。

ちなみに、このアウェイ感がなぜあるのかというと、老舗不動産屋は基本的に他のチェーン店のように入居者に媚び諂う(へつらう)ようなことをしなくてもお客さんを取れるくらい良い物件が集まる傾向があるからだと思われます。

しかしながら、何も知らないで適当な態度を取るようなお客さんには相手にしないと思いますので、訪れる際は態度やマナーなどはより気をつけたほうがよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク