良い不動産屋を探したいなら免許番号を見よ

不動産の売買や仲介を行うためには、「宅地建物取引業の免許」が必要になります。

不動産屋はこの免許に基づいて賃貸不動産をお客さんに仲介しているのですが、この免許が実は不動産屋の善し悪し(というかブラック系かどうか)の見分け方の1つの目安になります。

宅地建物取引業の免許番号とは何か

インターネットやチラシで物件を確認した時、その物件を仲介している不動産屋の名前の他に、免許番号が記載されています。

具体的には「不動産会社の免許権者(国土交通大臣または都道府県知事)」と「免許の更新回数」と「番号」が表示されており、「番号」は不動産屋固有のものとなります。

注目するのは免許の「更新回数」の多さ

「免許の更新回数」の場所には更新した回数が数字で掲載されます。

mennkyo

宅地建物取引業の免許は基本5年ごと(平成8年3月以前は3年ごと)に更新が必要となるので、更新回数が多い不動産屋はその分だけ長く営業していたという証拠であり、お客さんに物件を多く紹介していたという実績があると判断できます。

もちろん、更新回数が少ないということは営業歴が少ない不動産屋ではありますが、必ずしもそれが悪いことではありません。

営業歴が短くてもたくさんお客さんがいる不動産屋はいますし、良い営業マンがいるかどうかもそれだけでは判断できないからです。

とはいえ、あくまでも免許の更新回数は不動産屋を選ぶのに一つの参考になる情報と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク