カーテン・ブラインドの選び方

By: Otota DANA
By: Otota DANA

カーテンの色と透け具合を確認する

カーテンにはいろいろ種類があります。専門店などにいけばいろいろあってどう選べばよいかわからないものですし、ホームセンターで簡単に売っているものもあります。ポイントとなるのは通常のカーテンとレースカーテンをどのように選ぶかです。

カーテンで管理人が重視しているのは「色」「遮光性」を見ます。色は部屋の雰囲気に合ったものを選び、遮光性は光を遮ってほしくない場合はなるべく「遮光1級」というものを選びます。 遮光には等級があり、

  • 1級遮光:遮光率99.99%以上
  • 2級遮光:遮光率99.80%以上
  • 3級遮光:遮光率99.40%以上
  • 遮光性なし:遮光率99.39%以下

となっています。実際等級が下がるとどの程度光を通すかどうかというのは生地や色によっても違うのでうまくいえませんが、等級の高い物は光を通さないようになっています。

そして、カーテンは値段が高いのでコストにも注意しなくてはなりません。 レースカーテンにもいろいろありますが、管理人は外から部屋の中が見えにくいような造りのカーテンを選ぶことが多いです。

カーテンのサイズは窓とあっているか

窓のサイズは要確認!カーテンがそのまま使えるか?」でも書いていますが、今部屋で使っているカーテンが引越し先で使えないという場合はよくあります。

窓には一般的なサイズというものはありますが、デザイナーズマンションなどに多いですが窓の形や作りを特注している場合もあり、この場合はカーテンもオーダーメイドなどで合うサイズのものを作ってもらわなければなりません。 カーテンのオーダーメイドは通常のカーテンよりも値段が高いので、部屋を決める際に窓の形状をチェックしておいて、カーテン代がかかることをしっかりと契約前に把握しておくことも大事かと思います。

カーテンではなくブラインドを使うという選択

部屋によってはカーテンを使うのではなく、ブラインドを使うという選択肢もあるでしょう。

窓辺がフラットになるので部屋が広く見えやすくなりますし、木製ブラインドであればデザイン性が非常に高くおしゃれな部屋を作ることができます。また、意外にほこりが付きにくく、掃除も想像以上に大変というわけではありません。

ポイントとなる価格が高いことを考えられるのであれば良い選択肢になります。 しかし、多少光が洩れて入ってくるので寝室には向かないと言えます。主にリビングや書斎などで使うようなものと考えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク