新たに家具を購入する場合に気を付けること

By: Tamaki Sono
By: Tamaki Sono

新しく家具を買う場合は何より「サイズ」に注意

家具を新しく買う場合、基本的に新居で使うことになりますが、買う時に注意しなくてはならないのが「家具のサイズ」です。特に、購入が引越し前の時の場合、慎重にサイズを測って引越し先の部屋に置いて問題ないのかを確認する必要があります。

よくある失敗事例としては、サイズが合わなくて思った場所に置けなかったり、部屋を圧迫してしまったり、そもそも新居の入り口や廊下を通過できないくらい大きな家具を買ってしまったということもあります。 引越し前であれば内見の時に部屋の寸法をしっかりと測定し、新しく買う家具が問題なくその部屋に収納できるかどうかを確かめて置く必要があります。

家具を買い替える場合は処分方法も考えよう

単純に買う場合でなく、家具を買い替える場合は、前の家具をどうするかという問題も残ります。

大きなもので通常のごみとして捨てられないのであれば、粗大ごみとして処分するだけでもお金がかかってしまいますので、新しい物を購入した際に無料で引き取ってもらうだとか、リサイクルショップに持ち込むなどの手段をとってお金がかからない(逆に得する)方法を考える必要があると思います。

しかも、ヤフオクで出品するにもリサイクルショップに持ち込むにも粗大ごみとして捨てるにも手間と時間がかかります。不用品回収業者に頼むのであればラクでよいのですが、当然お金がかかるので注意が必要です。

長く住まないなら大きな家具はなるべく買わない方がよい

基本的に、学生生活のみ過ごすことになるとか長く住まないことが分かっていれば、大きな家具は購入しないでおくことが好ましいです。

本が多いからと言って大きな本棚を買ってしまうと引越しの時に非常に苦労します。なるべくならよく読む本だけを小さな棚やカラーボックス等に入れて、あとは基本ダンボールなどにしまっておくようにすれば部屋の見え方も良くなりますし引越しの時に楽になります。

家電なども長く使う予定の無いものであれば例えば家具付き物件を選ぶとかレンタルで済ませるとか、買わずに過ごせる方法もあります。「引越し」や「処分」のことを考えて購入も考えると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク