不用品をゴミとして捨てるのはもったいない

自分にとってはゴミでも、他人にとっては役立つものがある

「引越しを機にこれは捨ててしまおうか」と思うものに巡り合うのが荷造り時です。荷物の大小はありますが、大きい物は捨てるのに手間はかかるものの、小さい物はわりと簡単にゴミとして捨てられると思います。

ただ捨てるというのも良いのですが、ちょっと待ってみて下さい。あなたにとってゴミかもしれないものが、他の人にとってはゴミどころか十分役立つものである可能性もあります。壊れたものなどでない限り、ただ捨てるのではなく他の人に有効活用してもらうことも検討してみてはいかがでしょうか。

ゴミとして捨てるのもお金がかかる場合がある

そもそも大きな家具などは次の家のスペース状況などにより手放さなければならない場合があります。管理人も収納ボックスが引越し先のクローゼット内に奥行きが対応せず、泣く泣く粗大ごみとして捨てた記憶があります。

ここでポイントなのは、まだ使えるものなのにお金を払って捨てなくてはならない状況が非常にもったいないということです。

急いで処分しなくてはならないのなら別ですが、時間等があればお金をかけなくても人に譲ったり売ったりすることができる時代になっていますので、捨てるのにお金を掛けるくらいならお金を掛けない処分の方法も検討してみるとよいでしょう。

不用品の処分は早めに対応しよう

具体的な処分の方法は別の記事で掲載しますが、すぐ捨てるのならいざ知らず、他の人に譲ったりリサイクルショップに売ったりネットオークションなどに出品する場合、譲る相手を見つけたり、運搬の手間を掛けなくては奈良中あったり、販売するお客さんを探さなくてはならなかったりと処分するのにそれなりに時間がかかります。

お金をかけないで処分するには早めにいらないものを分別し、処分する方法を考えて早めに対応するようにしましょう。

また、売れないようなものは引越し会社でも物によってはサービスで引き取ってくれる場合もありますので、事前に相談しておくことも一つの手段として考えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク