シェアハウス・ゲストハウスのメリット・デメリット

シェアハウス・ゲストハウスとは何か?それぞれの違い

シェアハウス

ここ最近テレビでも流行ったシェアハウス。住宅一軒(一戸建てやマンションの一室)を複数人で共有し、各部屋に1人ずつ住めるようになっているものです。

契約は代表者のみでよく、家賃の支払いも代表者が部屋のメンバーから収集してまとめて払うという方式が取られます。

キッチンやトイレ・風呂や洗濯機などは共用ですが、部屋は個人に割り当てられるため、その中で使う家具などは自己負担という感じになります。

ゲストハウス

その名の通り、お客様あるいは旅行者向けの物件で、中~長期滞在用の格安物件です。建物1棟を複数人で共有する形ですが、契約は各入居者がそれぞれ行い家賃を支払います。

トイレやふろ、キッチンなどは共用が基本ですが、家賃が高いゲストハウスは部屋の中に付いている場合もありますし、その部屋の中にもテレビやエアコン、ベッドなどの家具は最初から付いている場合が多いです。

そもそも「ゲストハウス」として造られるまたはリフォームにより変更された物件が多いのが特徴です。

シェアハウス・ゲストハウスと通常の賃貸の違い

これらシェアハウスやゲストハウスは、その性質上扱っている不動産屋は少なく、物件自体も多くありませんし、エリアも限られています。ゲストハウスは外人に人気があるため、外人が多く済みそうな場所には多くあるのですが、そうでない郊外などにはほとんど見かけない場合も多いです。

なので、友人とシェアハウスのように住みたい場合は例えば「2人入居可」の物件で住んだり、大家に2人以上で住めるかどうかを確認したりする必要があるでしょう。(「2人入居可」についてはこちらで詳しく書いています)

なお、シェアハウス・ゲストハウスは1人当たりの家賃は比較的安くなるのですが、設備が自己負担などを考えると意外と金額が高くなったり、お金以外の負担(掃除当番や炊事当番など)が増えることもあります。

シェアハウスでよくあるトラブル

ゲストハウスは旅行者用と考えれば長期滞在者が少なかったりするのですが、シェアハウスはそうではありません。

しかも、結構通常の賃貸に住む場合に比べ、トラブルが多いことには気をつけなくてはなりません。

  • 入居者の間で決められたルール(ゴミ出しやトイレ掃除順、キッチンの使い方など)を守らない
  • シェアする人数が減った場合、割り勘なら1人当たりの家賃が増加する、といった契約金額によるトラブル
  • 男女関係、通勤通学の生活時間の違い、入居メンバーの入れ替わりによる人間関係のトラブル

シェアする人間関係が希薄ならまだしも、逆に仲が良かったりすると、悪くなったときにトラブルが起こりやすいと考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク