家具付き物件のメリット・デメリット

By: ZoAmichi Kai
By: ZoAmichi Kai

家具付き物件のメリット・デメリット

「家具付き物件」というのは、その名の通りテレビや電子レンジ、洗濯機といった家具が最初から設置されている物件です。主に単身者用の物件に多く見られ、家具の使用料が家賃に含まれる形となるので、初めて1人暮らしをする際にそろえなくてはならない家具一式を購入しなくても良くなるということで、引っ越し時の初期費用を減らすことができるというメリットがあります。

このため、学生の1人暮らしだけでなく、長期の出張や単身赴任のサラリーマンにも人気の家具付き物件ですが、当然デメリットもあります。 家具の分の使用料が家賃に含まれるので、家具を使わない場合は割高になってしまいますし、好みの家具の種類が選べません。

また、そもそもこのような家具付き物件自体がかなり少ないので見つけること自体が難しいでしょう。 あと、家具の種類もまちまちです。自分にとって必要な家具が必ずしも置いてあるかどうかは物件ごとに違うので、気を付けるポイントでしょう。

家具付き物件はレオパレス以外にあるのか?

よく家具付き物件を検索すると、レオパレス管理の物件が多いです。しかし、レオパレス物件はあまり・・・と思っている方は、レオパレス以外に家具付き物件が無いかどうかを調べるでしょう。 結論から言うと、レオパレスでなくとも単身者用物件(1R、1K)に多く見られます。

特に、学生が集まるような場所では、学生が退去する際に家具が不要になるから置いていっていいか、という旨を大家さんへ相談することがあり、その人が使っていた家具がそのまま設置されて物件を貸し出しているというケースがあるということです。 このような場合は家賃に上乗せされているわけではない場合も多いためお得物件となります。

家具付き物件で無くとも、レンタルすればいいじゃないか!

そもそも、家具はレンタルできるということを知っていましたか?あえて家具付き物件を探す努力を考えたら、初期費用を安くしたいという観点でまずは限られた期間、必要そうな家具をレンタルして、本当に必要なものだけ一つずつ購入するというほうがお財布にも優しいと思います。

例えば「かして!どっとこむ」さんでは、テレビや洗濯機、冷蔵庫といった生活家電以外にも、テーブルやベッドなどもレンタルが個別ででき、また生活家電セットとしてまとめてお安くレンタルできる商品も取り揃っています。

thumb_www_kasite_com2

その家具も値段に応じて中古・新品を選ぶことができますし、長年レンタルを実施していた実績もありますので、このようなサービスを使うのが最も良い選択だと言えるでしょう。 

家電・家具レンタル専門サイト「かして!どっとこむ」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク