部屋から外が見える場所~窓・出窓・ベランダなど~

物件を選ぶ中で「窓」が占める重要性というのはかなりを占めると思います。

窓の向きや大きさ、周りの環境などで生活環境が一変してしまうということもあるからです。

窓で重要なのは「大きさ・数・向き・眺め・日が入るかどうか」

窓というのが建物に置いてどういう役割を持つか、ということを考えた時、賃貸を借りる場合に重要なのは以下の観点になると思います。

部屋の空気の入れ替え

部屋の中の空気は汚れやすいので、換気をしたい場合があります。窓の外から空気を取り入れるためには、窓やベランダの設置場所や数によって換気しやすさが異なります。

窓から外を見た場合の外観

窓の外を見て隣の家のベランダだ、という物件は人気がありません。せっかく窓が付いていても常にカーテンを閉めっぱなしにしないと逆に部屋の中を見られてしまうということがあるからです。逆に、部屋の窓から山や海などの絶景が見られるような物件は人気があります。窓から何が見えるかということが生活をするうえで重要な要素になってくるからです。

太陽の光がどのくらい入ってくるのか

たとえ窓が多く部屋からの眺めが良くても、まったく日が入ってこない家だと日中は寒く、ジメジメしやすいという欠点があります。これは部屋の周りの建物などにさえぎられる場合もあれば方角、家の屋根のせいということもあります。特に太陽の光は気持ちのいいものですから、例えば「南向き」物件という条件が好ましいというのが一般的です。

このあたりを決定するのが窓の大きさ、窓の設置数、窓から外の眺め、窓から日が入るかどうかという点です。

出窓のメリット・デメリット

最後に、窓の種類として「出窓」というものがあります。

出窓はわざわざ意図的に作るものです。見た目がかわいい・かっこいいという点だけでなく奥行きを感じられるので部屋が広く見えるという点や、出窓の出っ張った部分に何かインテリアなどを置けるというのもメリットです。

逆にデメリットというと、多少家賃に影響する(高くなる)かもしれないということや、専用のカーテンがなかなか無いこと、外気の影響が強くなるので冷暖房が効きにくくなる、せいぜいそんなものでしょうか。

個人的にはあって損は無いオシャレスペースなのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク