収納はいろいろなパターンがあるよ

家で暮らす上で多すぎても困らないのがこの「収納スペース」です。

この収納スペースはいろいろ種類があり、物件によっていろいろ違います。一般的に多いのが、和室に良く見る「押入れ(押)」と、洋室に良く見る「クローゼット(CL)」です。※カッコ内は間取りでよく表現される文字です

押入れ

昔から日本にある収納スペースで、中の板により上下二段に仕切られているのが大きな特徴です。奥行きも広いので通常布団を入れるスペースとして使われますが、洋服を掛けて入れるような造りにはなっていません。引き戸によりドアを開閉するのも特徴です。

クローゼット

押入れとは異なり、洋服を収納するためのスペースで、洋服をハンガー等でつるすためのパイプが設置されていることもあります。扉は観音開きなど引き戸とは違う開き方をするため、物を手前に置けないという弊害もあります。

また、単身用物件に限って言えば、押入れよりはスペースが狭い場合が多く、広さも物件によってまちまちです。

間取り図だけだとスペースしか書いていない

この収納スペースは実際写真や内見時に見てみないとどのような収納スペースになっているかがわかりません。

間取図には「収」「CL」「押入」などの文字とともに四角で区切られているだけだったりするので、その収納スペースの中に区切りがあるのか、扉の開き方がどのようになっているのか、ハンガーパイプが設置されているのかなどがわからないからです。

あと、利用中の衣装ボックスが入るサイズなのかどうかも分からないので、引っ越す前に衣装ケースを利用している場合はそのスペースを実測してそのまま衣装ケースを利用できるかどうかを確認しておかないとあとあと困る自体に陥ります。

特殊な収納スペース

  • ロフト・・・天井裏のようなスペース。そこで寝る場合もありますが、空調の関係上荷物置きの方が適している場合も。(ロフト詳細記事はこちら
  • 地下室・・・1階の部屋に付いている場合があり、部屋のように使える場所もある。広さや空調により収納スペース用として活用される。
  • 納戸・・・居室とは言えない(=窓がなく広さがあまりない)けども、服や物を置けるような空きスペース。
  • WIC・・・ウォークインクローゼットの略。歩いて入れる大きなクローゼットのこと。洋服が多い人に便利。おしゃれ。
  • アッパーキャビネット・・・部屋の一部の壁上部に取り付けられているちょっとしたスペース。間取図に記載が無い場合あり。
  • トランクルーム・・・建物の共用部にロッカーのように専用で設けられているスペース。個人専用物置という位置づけ

物を処分しないと収納スペースはすぐ足りなくなる!

物を捨てられずに保管しがちな人は、いろいろ買ったものがどんどんたまっていき、収納スペースにとどまらず部屋のスペースをも圧迫していきます。

「断捨離」という言葉も流行っていますが、まずは捨てられるようにしないといくら収納スペースがあっても足りないという事態に陥ることは間違いありません。自分にとって必要なものは何なのかを確かめ、不要なものは処分するような生活を送れるよう努めた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク