デザイナーズマンションのメリット・デメリット

憧れ!のデザイナーズマンションの特徴

「デザイナーズマンション」というと、なんとなくオシャレで洗練され、建築家の独自の発想が建物に凝縮されたステキな物件というものを想像すると思います。

物件ごとに特定の建築家一定のコンセプトを持って物件が出来上がっているのですが、その辺のコンセプトが不動産屋を通じて住居希望者にはあまり伝わらないのもほとんどです(聞けば教えてくれるのかもしれませんが)。

これは、世の中的に「デザイナーズマンションというのはこういう感じのもの」というイメージが出来上がっているからです。具体的にはこんなのがあるでしょう。

  • コンクリート打ちっぱなしの壁(中も外も)
  • 高い天井、吹き抜けの場合もあり(この場合はロフト・メゾネットタイプとなる)
  • 窓・ガラスの大きさがでかい。光がふんだんに入る
  • 外観が普通の家とは違う
  • 間取りが長方形・正方形のような整った形で無い場合もある
  • バスルームがガラス張り

ちなみにデザイナーズマンションの明確な定義はありません。上記のような特徴をもつ物件をそう呼ぶだけの場合もあります。

デザイナーズマンションのメリット

デザイナーズマンションの最大のメリットは「かっこいいこと」だと思います。

田舎から出てきてボロ臭い家に住んでいて、周りもそんな家ばかりの環境に住んでいると、都会のマンションに限らずデザイナーズマンションなんかはまともに見たことも無く、その洗練されたカッコよさに憧れを感じるはずです。そして、そこに住む自分もカッコイイ、と陶酔できるというのが何は無くても一番の魅力でしょう。

デザイナーズマンションのデメリット

そんな憧れのデザイナーズマンションですが、実は「家に住む」という観点ではデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

まずは、デザイナーズマンション故のカッコよさから、その反対となる「生活感」というものを出しづらいのです。

具体的には、以下のような点で困ることがあります。

  • デザインを優先してバスとトイレば一緒
  • バスルームがガラス張りだとお客さん・友人を泊らせられない
  • 水周り系の家電などは相応のデザインのものを用意しないとダサい。
  • 布団や洗濯物を干すと急に生活臭が出てくる。場合によっては「外観を損なうから外に干してはいけない」という大家からの忠告も来る。
  • 収納があまり用意されたないことが多く、物があまり置けない。外に出しておくと見せる収納をしないとダサい
  • 窓やガラス面が大きいと外気や太陽の影響を受けやすく、夏暑くて冬寒い。
  • 天井が高いとエアコンが効きにくい

つまり、カッコよく生活するのはかなり大変だということです。ここらへんのデメリットを受け入れてカッコよさをあきらめてしまう人が多いのですが、克服してカッコイイ(生活感の無い)生活ができるようなら大したもんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク