敷金・礼金0物件&フリーレント物件

最近「敷金礼金0(ゼロ)」物件や、一定の期間家賃が無料となる「○ヶ月フリーレント」という物件が増えてきました。

入居者にとっては初期費用が抑えられるため人気となる条件になりますが、物件にこのような条件が付けられている背景を見てみましょう。

敷金礼金ゼロ物件で気を付けたいこと

敷金と礼金は性質が違います。

敷金は「大家が入居者から預かっているお金」であり、退去時のクリーニング費用や壁紙張り替え費用など、原状復帰に必要なお金に充当され、退去時に追加出費があまり出ないように設定していものです。また、礼金はその名の通り「大家さんへのお礼の金額」なので、純粋に大家さんの収入になります。

つまり、礼金ゼロは入居者にとってはとても良いことなのですが、敷金ゼロという場合は、クリーニング費用や壁紙の費用などを退去時に別で支払わなくてはならないことになっています(大抵契約にその旨が書かれています)。

また、「敷金礼金ゼロでも、保証金は別に必要」というように名前だけを変えて結局敷金・礼金の代わりのお金を徴収される場合もありますので注意が必要です。この場合、明らかに入居者をだまそうとしていますので、こういった不動産屋には関わらない方が良いでしょう。

フリーレント物件とは

前述の通り、フリーレント物件は入居してから一定の期間の家賃が無料という物件で、その分初期費用が抑えられるのでとても良い条件に思えます。

1点だけ注意しなければならないのは「最低契約期間」というのが設定されていて、それを守らないと違約金が取られるということです。

つまり例えば「2ヶ月フリーレント」という物件に家賃無料期間の2ヶ月だけ入居されても大家が困るので、それよりはある程度長く住まなくてはならないという条件が追加で付けられていることがほとんどです(携帯電話会社みたいですね)。

その契約期間を確認し、長い目でみたトータルで住む期間と家賃を比較してみて下さい。家賃が相場よりも高いのであれば、あまりお得な物件ではないかもしれません。フリーレントの期間分の家賃があとあとの家賃に上乗せされている場合もあるからです。

敷金・礼金0物件&フリーレント物件両方とも、そうしないと人気薄の物件だということ

そもそもこのような「敷金・礼金ゼロ」「フリーレント」の物件が増えているかというと、基本的に立地や築年数が経過したことにより人気が無く、入居希望者が少ないエリアまたは競合物件が多いエリアだからということがあります。

入居してくれないから初期費用を下げてでも入居させたいという大家の気持ちが出ていると思ってよいでしょう。そうでなければ、敷金・礼金はちゃんと徴収しますし、フリーレントなんて設定しませんよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク