住む期間が決まっていないなら「定期借家契約」は避けろ

「定期借家契約」とは何か?

2000年頃から新しく「定期借家契約」というものができるようになりました。

この「定期借家契約」というものは通常の普通借家契約と違う点は「住む期間(=契約期間)が決まっている賃貸物件」と考えることができます。

大家の立場からすると、例えば分譲マンションを買ってしばらく住んでいたけど、期限付きの転勤が決まったという場合、3年間だけマンションが空き部屋になるということがあった場合、空いたままにするよりも誰かにその期間貸していたほうが家賃収入が入るということでこの「定期借家契約」を設定することがあります。

この場合は3年後に入居者は必ず家を明け渡さなくてはならないため、長く住み続けることができません。そういう条件なので、逆に住む期間が決まっている場合はこのような物件はお得な場合が多いです。

「定期借家契約」もうまく使うと大きなメリットを受けられる

というのも、長く住み続けられない、住む期間が決まっているこの「定期借家契約」は、入居者が希望すれば住み続けられる通常の「普通借家契約」と比較しデメリットが多いため、家賃が安くなる傾向が高いからです。

逆に、契約期間中の中途解約も「普通借家契約」と同じように入居者側ではできる場合もある(契約次第だが)ので、安くて高級な分譲マンションを借りて住めるということができるかもしれません。

大した説明もしないで「定期借家契約」を勧める不動産屋に注意

ここで注意しなくてはならないのが、このような「定期借家契約」というものがあまりよくわからないまま契約してはならないということ。普通の借家契約と思って住み始めて、いざ期間が来て実は「定期借家契約」が発覚して、家を立ち退かなくてはならないということになったらひとたまりもありません。

このような重要なことは不動産屋はしっかり説明する義務があるのですが、この辺をしっかり説明しないで物件を勧める不動産屋はお客さんを適当に扱っている傾向が見られるという点であまりお勧めしません。

しかし、難しい内容だからと言って話半分に聞いているとこのような重要なことを聞き逃す場合もあります。なので、このような言葉を聞いた場合には注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク