ペットを飼いたいなら「ペット相談」「ペット可」物件が絶対

「ペット(相談)可」以外の物件でペットを飼ってはいけない

犬や猫といったペットを飼いたい場合、通常のマンションやアパートでこれを飼うことは契約で禁止されていると思います。その内容は意外と重く、約束を破ったら大家が退去命令を出せるほどになっていることがほとんどです。

これは、ペットが部屋を汚したり、臭いがついたり、周りに騒音を出したり、迷惑をかける恐れが高いために禁じています。なので、犬猫以外にイグアナやハムスターのような閉じ込めるだけの生き物やインコ・熱帯魚など、一見大丈夫なようなペットでも禁止されることがほとんどです。

どうしても飼いたい場合は大家と相談する必要がありますが、最初から「ペット相談」「ペット可」となっていない物件では難しいでしょう。

堂々とペットを飼うためには「ペット相談」「ペット可」の物件を選んでおくべきです。

ペットを飼うことになると、敷金もトラブルも増える!?

「ペット相談」「ペット可」の物件でも、部屋を汚しやすいという性質から敷金を多めにあずかって、退去時の修繕に当てる物件が多いです(なぜか礼金も追加される場合あり)。通常の賃貸が敷金1礼金1なのに対し、ペットを飼うとなると敷金2礼金1となる条件となっている物件などです。場合によっては敷金3もとるような物件もあります。

それだけペットを飼うと建物が傷みやすいので、新築でペット可の物件はなかなか見当たらないでしょう。ここ最近はペットを飼う需要も増え、築年数が経過していて人気が無い物件が、入居者を増やすために「ペット可」とする場合も多いです。

この場合、あまりマンション・アパートとしてのペットに対する設備は充実はしていないでしょう。ただ、最初からペットを飼う目的で造られたマンションなんかはドッグランが中庭にあったり、散歩から帰ってきたときに犬の足を洗うための水道場があったり、共益設備が充実しています。家賃は高いですが、このような設備ならペットと過ごしやすい生活を実施することができるでしょう。

ペットを飼うなら覚悟と責任を持って

最後に、ペットは生き物です。

人間の都合によりペットが飼えないのに勝手に買ってきて、大家にばれたから手放すといった無責任な人が増えています。

ペットが飼えない物件では絶対にペットは飼わないようにして、飼うなら対応する物件で、最後まで面倒を必ず見るという覚悟で飼いましょう。

かわいいだけではなく、生き物としていろんな面倒がかかることを事前に学んでおくことが大事です。

捨てられるペットが少しでも減りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク