「保証人不要」の物件は追加でお金がかかる

賃貸を契約する際は通常は「保証人」が必要

賃貸は毎月決まった額の家賃を貸してくれた大家などに払わなくてはなりません。これを滞納すると「貸主(大家)は借主(住んでいる人)を退去させることができる」みたいなことが契約書に書かれていることがほとんどです。

しかし、家に住み始めると「居住権」というものが生まれ、家賃を滞納しても大家さんとしてはその居住権を盾に家に住み続けられ、なかなか退去させられないという現実があります。裁判所に訴えて差し押さえて・・・など、大家も大変なのです。

なので、賃貸を契約する上では必ずと言っていいほど「家賃を払ってもらえる」ようにしなくてはならない・・・ということで、大抵は家賃の支払いに関して保証人の連名が必要になります。しかも、大抵は「連帯保証人」という人が必要となり、契約者が家賃を払えなくなったらこの連帯保証人が払わなくてはならない役割になるため、なかなか頼める人が肉親しかいない、ということも多いでしょう。

「保証人不要」となる仕組み

世の中にはそんな連帯保証人になってくれるような人がなかなか見つからない場合もあり、そんな人のために「保証人不要」という物件もあります。

これは別に連帯保証人が不要というわけではありません。連帯保証人をある保障会社が成り代わり、その対価として毎月お金を支払うというものです。つまり、毎月少しずつ保障会社にお金を支払う代わりに、家賃が払えなくなったらその保障会社が立て替えるという仕組みを提供しているということです。

保証人を頼めるなら頼んだ方がよく、頼めない事情があれば「保証人不要」物件を選べ

保証会社にお金を払うことから実質家賃が増えるわけですから、保証人が立てられるのであれば立てた方が負担が少なくなります。

しかし、どうしても頼めないという場合があれば保証人不要の物件を選ぶということは必須なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク