分譲タイプのマンションは普通のマンションと何が違うのか?

分譲マンションとは?なぜ賃貸に出ているの?

賃貸マンションは賃貸専用のマンションということになりますが、逆に分譲マンションとは、基本的に売りに出されたマンションです。

買うことになるので同じ人がそこに住み続けることを前提としていますが、転勤などの何らかの理由で住めなくなった場合で売りたくはない場合に人に貸したり、もともと投資用としてマンションを購入して他の人に貸すことで回収するという場合もあります。

このような物件を分譲賃貸マンションとも言ったりしますが、これも物件の数としては多くはありませんが、1R・1Kの単身用物件は少なく、1LDK~ファミリー向けの物件が比較的多いようです。

分譲マンションのメリット

分譲マンションは賃貸マンションと違い、長く生活するための設備投資が多くなされているということがメリットです。賃貸マンションではその立地のほうにどうしてもコストがかさんでしまい、部屋の機能がイマイチなところがあります。例えばキッチン周りやバス・トイレが安く作られていますが、分譲賃貸はその逆で、必ずしも駅から近いわけではないその建物に、高級なキッチンやバス・トイレを設置するというのが比較的多いです。

また、分譲マンションは競合他社に負けないよう、独自の付加価値を売りにしていることも多く、賃貸とは違い高い満足度を得ることができる物件だと思ってよいでしょう。

分譲マンションのデメリット

しかしながら、分譲マンションにもデメリットがあります。

まず、比較的家賃が高いことは否めません。特に、家賃以外の共益費・管理費がその機能の充実性(エレベーターや管理人常駐など)ゆえに比較的高いのも特徴です。

またファミリー層が多く、人づきあいの点で「団地」のようなわずらわしさも感じるかもしれません。ゴミ収集所の当番をやらなくてはならなかったり、町内会に参加しなくてはならないなど、周りの住人とのコミュニケーションを賃貸マンションとは比較して取っていかなくてはならないということもありえます。これは一概にデメリットとは言えませんが、苦手な人は避ける要素のひとつかもしれません。

分譲マンションは高いけど掘り出し物みたいなところがあります。見かけて家賃の予算内なら検討してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク