2階建てを1戸建て以外で堪能できるメゾネット

メゾネットとは?

通常のマンション・アパート一つの部屋に内階段が設置されていて、2階建てのように使うことができる部屋を「メゾネット」「メゾネットタイプ」と言ったりします。

似たようなものにロフトとがありますが、ロフトのような単なる一空間ではなく、2階建ての一戸建てと同じような複数の部屋(機能)をもつ構造になっているのがメゾネット物件です。

メゾネットタイプの物件はめずらしく、それほど多くありません。一つの建物の一部の部屋だけがメゾネットタイプだったり、一戸建てを二つに分けてメゾネットタイプの部屋が二部屋、なんて場合もあります。

2階建て物件のメリット・デメリット

メゾネットタイプの部屋はまさに一戸建てと同じようなメリット・デメリットがあると言ってもよいでしょう。

まず、2階建てになることでベランダ・バルコニーが1階・2階部分に設置されていると思うので、日当たりが良好になります。1階と2階が吹き抜けの構造になっているならなおさらです。

また、階段が設置されていることで部屋の有効面積が狭くなり、家具もうまく置けない場合があります。バリアフリーではないですし、階段による転倒も心配されます。吹き抜けの構造になっていれば冷暖房が効きにくいというのもデメリットでしょう。

シェアハウスをする場合は共同利用の部分が妥協できるか

二部屋あるということでシェアハウスとして2人で共同生活できると考えるかもしれません。しかし、バスやトイレが1階・2階のどちらに設置しているか、部屋が共同利用する部分と区切られているかでうまく利用できないかもしれません。

間取り次第、といえるかもしれませんが、シェアハウスをするなら比較的安い2Kという選択肢もあります。2Kの物件も数が多くないですが、騒音の部分を妥協できれば築年数の古い家で安く入居できる場合もありますし、選択肢を広げていったらよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク