インターネット利用料が無料の物件もある

「インターネット利用料無料」のカラクリ

よく物件で「ブロードバンド無料」というものを目にしますが、なんとこの「ブロードバンド無料」という物件はかなりの人気があるということです。

ブロードバンドを新たに接続しようとするとお金だけでなく、最初の手間や一時金がかかってしまうため、こういったわずらわしさから解消されるというメリットはありますが、基本的にはこのへんの金額は家賃や共益費に含まれていると思って良いでしょう。

逆に、物件に住んでいる時に新たに「インターネットがタダになります」という話であればお得になるでしょう。

管理人も住んでいた物件が途中から「インターネットがタダで使えます」というケーブルテレビ会社の案内があったのですが、回線のスピードが1Mbpsと遅く、当時光ファイバーの100Mbpsをすでに敷設していたので断った経緯がありました。

光ファイバーだけで月額5~6,000円もするのでインターネットをあまり使わない場合は得だったのかもしれませんが、私はこの光回線でスカパーも見ていたので手放せなかった、というのが正直なところです。

自分でブロードバンド回線を引こうとするとこのぐらいお金がかかる

最初からブロードバンド回線があれば特に面倒ではないのですが、自分で新たに回線をひこうと思ったら、初期費用や毎月の月額料金として以下のものがかかります。契約内容やプランによって様々ありますが、概ねこの分のお金がかかると認識しておいた方がよいでしょう。

  • 回線使用料・・・光回線やADSLなどの回線の使用料。スピードにより月額3~6千円
  • プロバイダ料金・・・インターネットに接続するために必要な契約。付加サービスにより500円~数千円
  • モデム・ONU・チューナーなど設備利用料・・・回線の種類により必要なものが異なり、レンタルの場合と購入の場合がある。
  • 無線ルーター・・・スマホがあれば無線LANによるパケット使用料を節約したい&スピードを求める場合に必要

ブロードバンド回線以外でインターネットを行うには

まず、ブロード回線以外で無線系のサービス、例えば携帯電話・スマートフォンでよく用いられるLTE回線(ドコモのXi(クロッシィ)など)や、WiMAXなどがあります。

また、ひかないという選択もできる場合があります。ごく稀の話ですが、1階にカフェやコンビニが入っている物件で、その真上に自分の部屋がある場合、そのカフェやコンビニが提供している公衆無線LANサービスを無料で使えることができます。

この場合、セキュリティ上自分のデータが外に漏れてしまうので通販などをする場合はあまりお勧めしないのですが、こういった外部の無線サービスが使える場合に、お金をかけずにインターネットをすることができるかもしれません。

物件を下見する場合は、スマートフォンでどんな公衆無線LANが入るかを確認して決めるのもよいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク