BS・CSアンテナ付き物件でどこまで見られるのか?

「BS・CS放送」という検索条件の意味

インターネットの検索条件で「BS・CS放送」というものがありますが、これはBS・CSを必ずタダで見られるというわけではありません。建物としてBS・CS放送を見る必要な設備が整っており、お金を払えばすぐに見ることが可能という意味合いです。(無料の場合もありますが、大抵家賃に上乗せされています)

設備といっても実際建物に受信用のアンテナがあらかじめ立てられている場合や、CATV(ケーブルテレビ)がその役割となっている場合もあります。後者の場合、ケーブルテレビに加入しないとBS・CS放送は見られないので、具体的なことは不動産屋に聞いてみることが良いと思います。

自分で受信用アンテナを取り付けることが可能

BS放送を受信するためのアンテナとCS放送(スカパー)を受信するためのアンテナは異なりますし、設置できる方角も異なるということは覚えておきましょう。

アンテナを各部屋ごとに設置できる場合もありますが、設置できるベランダなどがその電波を受信できる向きに合っていなければ、いくらアンテナを自分で購入して取りつけても受信することはできません。

また、物件に受信用アンテナをそもそも取付不可としている場合もありますので、これも不動産屋などに確認しておきましょう。

アンテナが無くても見る方法がある

ここ最近では、アンテナなどが無くてもBS・CS放送を見る方法があります。

先ほどあげたケーブルテレビ(CATV)だけでなく、「スカパー!」のようなサービスや、インターネットを使ったフレッツ光、ひかりTVなど放送を受信できるサービスがあります。

今ではこのようなサービスでアンテナがなくても様々な放送を見ることができるので、見たい番組が対応しているかどうかなど確認しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク