テレビを良く見る人にケーブルテレビ付き物件はいかが

ケーブルテレビ(CATV)は、CS放送(スカパー)と並んで地上波には無い様々な専用チャンネルなどが見られるための設備です。

地上波では限られているチャンネス数ですが、BS放送やそれ以外の有料チャンネルがたくさんみられるし、地域によってはオリジナルの番組も見られることから、テレビを見るのが好きな方には加入を検討して良いサービスだと思います。

ケーブルテレビで地上波だけでない様々な番組が見られる

ケーブルテレビはその名の通り有線ケーブルが物件まで敷設されており、その設備を利用して有料の映像を配信するというものです。

設備やチャンネル数はケーブルテレビの会社や契約プランによって異なるのですが、基本はケーブルテレビ会社からSTBと呼ばれる専用のチューナーのようなものをレンタルまたは購入して見られるようになります。

物件によってはこの分の設備が最初から設置されており、また無料でケーブルテレビが見られる物件もあります。 

ケーブルテレビの会社は選べない&代替サービスもある

ケーブルテレビの有線は物件によって何種類も引かれるわけではなく、大抵1社のみとなるので、物件に対し加入できるケーブルテレビ会社は1社ということがほとんどです。地域によってケーブルテレビ会社のエリアが決まっていることも原因です。

ですので、例えばJCOMを今まで見ていたけど、引越し先ではJCOMが見られないと言ったことは良くあります。

場所によってケーブルテレビ会社を選ばなくてよいのは、ケーブルテレビによらないで有料放送を見るという手段です。

例えば代表的なものにスカパーがありますし、インターネットを利用するならひかりTV・光ファイバー auひかりなんかもあります。

また、映画だけなど見たいテレビのジャンルが決まっているのであれば、huluなど映画見放題のサービスもあります。

値段などを比較して、自分にあったプランを選ぶようにしましょう。

BS・CS放送とケーブルテレビは何が違うのか

なお、ケーブルテレビは有線で放送を受信するため専用のチューナーが必要になりますが、一方でBS・CS放送は衛星放送なのでチューナーだけでなく電波を受信するための専用アンテナが必要になります。

専用アンテナはあらかじめ建物に設置されている場合もありますが、自分でつけなくてはならない場合もあります。この場合、物件の窓の向きによっては設置できない(設置しても電波が受信できない)場合がありますので、事前に不動産屋などから確認しておいた方がよいでしょう。

また、BSアンテナとCSアンテナもアンテナの種類とモノが違いますし、料金も異なってきます。自分が見たい番組がどのチャンネルでやっているかを確認して、「せっかく買ったアンテナで番組が見られなかった」なんてことが起こらないよう注意しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク