実体験に基づく「オール電化」の評価

「オール電化」 は文字通り部屋の光熱費がすべて電気でまかなわれている物件で、要するにガスが不要となる設備が整っています。

具体的にはガスレンジの代わりにIHクッキングヒーターがあったり、給湯がガスで沸かすのではなく深夜電力を使ったエコキュートによるものになったりしています。

東日本大震災で下火になったオール電化

先日の東日本大震災で関東では「計画停電」による停電が頻繁に発生していました。

このとき、停電している状態では電気は使えないため、オール電化の物件は何もできないという事態に陥りました。その一方でガスがあればすくなくともガスコンロでお湯を沸かすことができました。

このようなことから、「家で使うエネルギーを電気でまとめると危ないから分散しておいた方が良い」となり、新築物件でオール電化は昔ほど頻繁に見かけなくなったのは事実だと思います。

体験したオール電化のデメリット

オール電化のデメリットは「キッチンで使うコンロはIHとガスどちらがいい?」 でも触れたとおり、IHクッキングヒーターがガスコンロとは違って使い慣れるまでにコツがいるのとガスコンロと同じように調理ができない料理があるということがあります。

また、私が住んでいたオール電化の家は一人暮らし用の物件で、エコキュートのお湯の量が限られていました。

このため例えば誰かがお客さんとして遊びに来て、お風呂に入るということになると、冬は特に「お湯が足りなくなる」という事態に陥ったことがあります。自分がシャワーを浴びる頃にはお湯が出てこない・・・なんてことも。

お湯の量がどのくらい蓄えておけるかどうかは確認しておいた方が良かったと思っています。

体験したオール電化のメリット

そうはいってもオール電化はメリットがたくさんあります。

火事が起こりにくい &ガス漏れの心配がない

オール電化はガスとは違い部屋の中で火を使わなくて済むため、タバコなど吸わなければ火事の心配はかなり減ります。また、ガスコンロとは違いガス漏れによる一炭化酸素中毒の心配もありません。

もちろん全く火事が起こらないというわけではなく、例えばIHで鍋などがかなり熱された状態で紙や服が触れると引火する場合がありますので注意は必要です。

停電でもお湯が出る

停電になると電気が使えずお湯を沸かすことができないのですが、停電した直後はエコキュートの中にお湯がたまっている状態なので、意外と冷めないお湯をしばらく使い続けることができます。

なので、冬の停電時はガスよりも意外と便利なことが多いです。

また、ガスよりも電気の方が復旧は比較的早い(東日本大震災の時にもガスが30日程度復旧にかかっているのに対し、電気は数日で復旧している)ので、災害には強いと言えます。

使い方により節約効果が高くなる

ガスを使わず電気だけを使うとなると、ガスの基本料金が必要無くなります。また、オール電化設備があると電気料金が深夜は特に安くなるので、日中よりも夜中の方が電気を使うという生活をする場合は電気代が非常に安く済むというメリットがあります。

オール電化は自分のライフスタイルに合うかどうか、確認してから選ぶ選ばないを判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク