備え付け暖房あれこれ~床暖房・ストーブ~

エアコンだけじゃない備え付け暖房器具

賃貸の冷暖房で最も一般的なのがエアコンです。

夏場の暑いところではエアコンが無いと苦しい生活になってしまうので、冷房という観点ではエアコンのみ考えればよいのですが、暖房は寒冷地などはエアコンだけだと寒い、ということがよくあり、暖房器具が様々設置されているところも多いです。

特に、北海道などでは最初から暖房器具としてファンヒーターがエアコンとは別に設置されている物件が多く、暖房の使用料に応じて毎月支払うといった仕組みができているところもあります。

そのほか、賃料が高い物件では床暖房も最初から整っている場合もあります。熱は低いところから高いところに上がっていくようになっているため、床暖房一つで部屋がかなり暖かくなりますので、電気代を気にしなければ良い冬を送れると思います。

備え付けでよくあるストーブ・ヒーターの種類と効果

まず、備え付けストーブとヒーターの違いを最初に理解しておきましょう。

一般的に家庭で使われるストーブは、その熱源の種類によりたくさん種類があります。石油ストーブやガスストーブ、電気ストーブや薪ストーブなんかもあります。共通して言えるのは、火を出したり高温になったりして周りを温めるということです。

なので、ストーブが転倒したり異常事態の場合は発火する恐れがあるので危険なのですが、例えば反射式石油ストーブなんかは電気を使わないで石油だけで温めることができることから、停電時にも使え、やかんを置いておけばお湯も湧かせるというメリットもあります。

ストーブと違って、最近の主流はファンヒーターです。これも熱源は様々ありますが、熱により温かい空気をファンで外に出すことにより、ストーブと比較して部屋を素早く効率的に温めることができます。

ストーブよりも安全ですが、ファンを回すための電気が必要となります。また、空気が汚れやすいのも特徴です。

このファンヒーターが最初から賃貸に設置されているのが「FF式ファンヒーター」と呼ばれているものです。

ファンを回すための空気を外から取り入れ、部屋の中に温風を出したら汚れた空気はまた外に排出されるため、部屋の空気は比較的汚れないのでお勧めです。石油・ガスと熱源の種類はありますが、この熱源を自分で補給しなくてはならないのか、管理会社か大家が一括して管理して別途料金徴収されるのかは物件によって違いますので確認しておきましょう。

暖房器は追加で必要になる場合も

検索時に「暖房」という検索条件だけでは、備え付けの暖房器具があるとは限りません。エアコンのことを指している場合があるからです。

また、設置された暖房器具では冬寒いということも多いでしょう。冷房より暖房の方が設置はしやすいのですが、比較的電気が熱源では温まりにくく、石油は温まりやすいですが買うのが大変だったりするので、どんな種類の暖房器具が良いかを別途考えなくてはならないかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク