防犯のためには鍵の種類も大事

物件を選ぶ際に鍵の種類まで確認して選ぶということはほとんど無いと思いますが、検索条件で「ディンプルキー」という項目がある場合があります。

なるべく部屋のカギによる防犯性を高めたいのであればこのキーを採用している物件を選択するというのもよいでしょう。

ピッキングしやすい・しにくい鍵の種類

「ディンプルキー」は、ピッキング、つまり不正開錠がしにくい鍵として採用されるものです。メーカーや種類によりいろいろ違いはあるのですが、特徴は鍵に縦のギザギザがなく、丸い穴がくぼみとして埋め込まれているのが特徴です。

なお、ディんプルキーは合い鍵が作りにくい(作れても高い)ものが多いです。

その一方、ピッキングしやすい鍵として「ディスクシリンダ」「ピンシリンダ」があります。それぞれ鍵の両面または片面にギザギザがあり、一般的なアパートやマンションに普及しているものです。

もちろんギザギザなタイプでもピッキングしにくいものもありますが、「ディスクシリンダ」は特にピッキングの被害にあいやすく、両面ギザギザのカギであれば大家などから確認しておいたほうがよいかもしれません。場合によっては鍵の種類を変えてくれるかもしれませんので。(もちろん鍵穴と鍵を交換するということになり、お金がかかってしまいます)

鍵の複製(合い鍵づくり)は問題ないのか?

物件を契約した後、不動産屋から部屋のカギを1つもしくは2つ渡されることとなりますが、その場合合い鍵を作ってよいかどうか、作ったあと退去する場合はどうすればよいかを聞いてみましょう。

この場合、大抵「合鍵は作っても良いが、退去時は合鍵もまとめて返却するようにしてほしい」と言われると思います。

合鍵を作ったのは自分だから、何故返却する必要があるのか?と思うかもしれませんが、以下の防犯上の理由により回収しようと考えるからです。

大家さんは退去した後に部屋のカギを前の家のカギとは違うものを取りつけます。これは、前の入居者が実は合鍵を持っていた場合に部屋のカギを開錠できてしまうのがセキュリティ上問題なのでそうするのですが、 場合によっては新しいカギではなく、同じ建物の別の部屋(大家の別の建物の場合があり)の前使っていた鍵を流用するという場合があります。

鍵を複数使う場合の節約となるのですが、セキュリティのことを考えると、「ひょっとしたら誰かが合鍵を持っていて、そのカギで部屋を開けられるかもしれない」というリスクは若干残ることとなります。気になるようであればこの点も不動産屋などに聞いて、新しい鍵を作ってもらうよう依頼するほうがよいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク