管理人(大家・管理会社)常駐 のメリット・デメリット

建物の管理人として大家さんや管理会社の人がその物件に常駐している場合があります。

物件の検索条件で「管理人常駐」というような表現がなされていますが、こんな物件はどのようなものなのか、どんなメリットがあるのかをご説明します。

大家さんが建物に常駐している場合

大家さんの常駐というのは、マンション1棟の一室に大家さん自身も住んでいる場合が多いです。

なので、大家さんの家族構成や仕事などにより日中必ずいるわけではありませんが、住んでいる家であれば逆に夜に家にいることが多いでしょう。

例えば「夜帰ってきたら鍵を無くして部屋に入れない」といった本当に緊急時であれば、次の日を待たず相談することができるでしょう。

管理会社が建物に常駐している場合

大きなタワーマンションなんかは管理会社の人が常駐していることもあります。24時間人がいつ場合もありますが、日中帯の時間しかいないこともあり、緊急時の対応という意味では大家さんよりは融通が利かないかもしれません。

逆に、日中帯は必ずと言っていいほど人はいるので、時間を決めた相談はしやすいでしょう。

防犯・相談にはいい半面、わずらわしい場合も

大家さんや管理人が常駐している物件は、基本的にトラブルが発生した際に素早い対応をして頂けるということがメリットと考えていただいて良いでしょう。

先ほど挙げた部屋のカギを無くした場合だけでなく、隣部屋間のトラブル、不審者の通知など、防犯や困った際の相談にはフットワークが軽く対応していただけることが期待できます。

一方で、そのトラブルが無ければ、大家さんや管理会社の人の干渉が多くなります。例えばゴミ出しルールからの逸脱をそばで注意されたり家賃の督促が直接部屋に来たり・・・などわずらわしい場面もでてくるかもしれません。

トラブルを相談できるはずが逆にトラブルを引き起こしてしまうようなこともありえますので、一概に良いことだらけとは認識しておかないほうがよいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク