防犯目的でオートロックを過信しすぎない

オートロックの仕組み

オートロックがどのようになっているかというと、一般的には建物の共通の玄関口(エントランスルーム)があり、建物の中に入るためには自動でロックがかかる扉を各部屋のカギで開けられる、という仕組みになっています。当然そのエントランスルームから各部屋の入り口を経て自分の部屋に入れるという2段構成なっています。

そして、オートロックがあるところは大抵、エントランスルームに来た来客をカメラ付きのインターホン(ドアホンとも言います)で自分の部屋から確認できるので、不要な勧誘なども断りやすいです。

また、入口が二段構成の分、直接外から部屋の玄関に入れるわけではないので、比較的高い防犯効果が期待できます。

オートロック設備はピンキリ

しかしながら、オートロックを持つ物件のエントランスルームがどのような造りかで防犯効果が異なる場合があります。

例えば、エントランスルームが高級賃貸マンションのような「部屋」のつくりになっていない、単なる壁に後からオートロックを取り付けたような物件では、玄関横の壁を乗り越えればオートロックを通過しなくても建物の中に入ることができます。

自分は一度だけこのような物件で、鍵を持ち出さないで(部屋のカギは閉めないで)オートロックの外にでたことがあり、この際外の壁をよじ登って部屋に戻ったことがありますが、はたから見たら泥棒のように見えたでしょう。

オートロックは入ろうと思えば入れる

そのような「壁を乗り越える」ということをしなくても、オートロックは突破しようと思えば突破できるものだということを覚えておいた方が良いでしょう。

例えば他の部屋の人のふりをする、というのがあります。

エントランスルームに行くと女の人がいて、「20○のものなんですけど、鍵忘れたので中に入れてもらえませんか?」と聞かれたことがあります。逆に「自分の部屋に入る場合どうするの?」と聞いたら逃げていきましたが、たぶんどこかの部屋のストーカーか何かだったんでしょう(笑)。こんな頼まれ方するとうかつにオートロックを解除して中に入れる人もいるかもしれません。

また、宅配の人などの連れで侵入が可能です。オートロックは扉がしまって鍵がかかるまでに多少のタイムラグがありますので、宅配の人が中に入ったすぐを狙うと鍵がかかる前に扉を開くことができます。

このように、オートロックを過信しすぎると、逆にあぶない場合もありますので十分注意することが必要でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク