南向き物件は何が良いのか?

物件検索時によくある「南向き」という検索条件ですが、南向き物件の何が良いのかがみなさんご存知でしょうか?

また、南向き物件は人によってはデメリットもあり、何気なく南向き物件を選んだ結果後悔するということも無くはありません。

南向き物件がどういうポイントで人気なのかをご説明します。

南向き物件は一般的に「最も日当たりが良い」

太陽は東から昇って西から沈みますが、その間は季節により高さの違いは有れど南の方角へ通過していきます。

「南向き物件」とはその名のとおり南に「窓が」設置されている物件で、理論上、もっとも太陽の光が長く窓を通じて部屋に光が入ってくることになり、日当たりが非常に良い物件ということになります。

逆に、「東向き物件」は朝方の太陽の光(朝日)を浴びたい時に選びますが、「西向き物件」は西日が強く、「北向き物件」は日が入らない不人気の物件となります。

本当に南向き物件の日当たりが良いのかは見てないと分からない

ただし、必ずしも南向き物件の日当たりが良いというわけではありません。

例えば隣にビルが面している場合、太陽の光が建物の影になり日が入ってきません。例え入ってきたとしても、隣のビルの窓からお互いの部屋の中が見えてしまうような場合、見られることを嫌ってカーテンをずっと閉めっぱなしにせざるを得ない状況なら、陽を入れることが難しいでしょう。

また、マンションやアパートによってはベランダの屋根の幅が大きい場合、それが影になってそれほど日が部屋の中までは入ってこない場合があります。

そもそも南向け物件は自分の毎日の生活にあっているか

最後に注意したいのが、「そもそも自分の毎日のライフスタイルにあっているか」という観点です。

具体的には、一人暮らしで日中は会社や学校に外に出かけるという場合、日中はカーテンを閉めていると思うので、「日当たりが良い」という南向き物件のメリットをそれほど享受できていないのではないかと思います。この場合、洗濯物を頻繁に外に干す、というのなら別ですが、朝方に太陽の光でスッキリ目覚められる「東向き物件」の方がライフスタイルにあっているかもしれません。

また、夜勤でお勤めの場合は日中に家で寝たいと思うので、あまり部屋に太陽が当たると寝づらいので、家賃の安い北向き物件を選ぶのも理にかなっています。

あくまで自分の生活で日当たり良好なのが良いのかどうかを判断して物件を選ぶのもよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク