角部屋に住むことのメリット・デメリット

アパートやマンションでは、複数の部屋が階数分だけ並ぶことになりますが、各階の両端の部屋は「角部屋」と呼ばれ、通常より家賃が高く人気の物件です。

kadobeya

何故角部屋はそれほど良いと思われているのでしょうか。

角部屋のメリット

普通の部屋は両側が隣の部屋になっていて、玄関の反対側に窓(ベランダやバルコニー)が付いているという感じなのですが、角部屋だと両側ではなく片側にしか部屋が無く、もう片方は壁を挟むと外なので、大抵窓が付いています。

つまり、角部屋は玄関と反対側と片方の脇側の2箇所に窓があり、二面採光による日当たり効果が期待できますし、たとえ片側が隣の家から丸見えでも別の窓から眺めが良いという場合もありえます。

また、アパートでは特に両隣の部屋ではなく、片側の部屋のみの騒音を気にすればよいので、住人の騒音に悩まされる可能性がぐんと減ります

そして、窓が二つあることで非常に換気がしやすいです。窓が一つしかない1K、1Rの物件では部屋の中の風通しがよくは無いのですが、窓を2つ開くことによって外の風が部屋の中を通りやすくなり、新鮮な外気を取り入れることが可能です。

角部屋のデメリット

ただでさえ家賃が比較的高い角部屋ですが、メリットに書いた「窓が二つ以上」あることによるデメリットもあります。

例えば、隣に立っている物件に窓が面していると、相手側の部屋が中が見られることがあったり、日が当たることにより暑くなってしまう場合もあります。窓が南と西についていると最高に日当たりはよいが、夏は他の部屋に比べかなり暑くなることが予想されます。

また、外の音を拾いやすいことで騒がしい場所なら外の騒音に悩まされることもあるでしょう。

ファミリー向け物件と一人暮らし向け物件でも違う

一人暮らしの物件は部屋数が1R、1Kなど少なくて済む場合が多いので、実はそれほど窓の数は重要ではありません。

しかし、ファミリー向けは部屋数が多いので、明るい部屋が複数ほしいという点や換気しやすいといった点を踏まえると、やはり窓が多い方がよいので、角部屋はなるべく洗濯したい物件となりますが、やはりその分家賃に跳ね返ってくるでしょう。

個人的には、夏暑くなる地域なら西日が入らない角部屋というのがお勧めです。日中に家にいるなら「角部屋で窓が南東向き」というのがベストかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク