料理好きが選ぶキッチンのポイント

自分は料理が好きなので、キッチンは他の部屋よりも重要視することが多いです。

そんな独自目線でのキッチンの選び方を説明します。

キッチンの広さとは、作業台とシンクの広さと物が置けるかどうか

コンロとシンクに余裕があっても、肝心の作業スペース、つまりボウルや食材、まな板を置くような場所が広くないと、料理ははかどりません。

材料を切るまな板、切ったものを置くスペースがあって初めて料理ができるので、シンクとコンロに挟まれたこの作業スペースの幅が何cmあるのか、それ以外に物を置けたりするスペースがあるか、ということをチェックします。

たとえ物が置ける場所が無くても空間があれば棚を置くことができるし、キッチンは広ければ広い方が良いです。 そういう意味だと、1Kの物件よりも、キッチンスペースを広げやすい1Rの方が効率は良くなるかもしれません。

収納スペースは広ければ広い方がよい

その次に収納スペースも広い方が良いです。

特に、フライパンや鍋などの調理器具や食器置き場や調味料・保存食置き場がどれだけ確保できるかによって、料理の充実さが変わってきます。例えば調理器具。料理をする人なら、その用途に応じてフライパンや鍋は複数持っているはずで、それを置く場所が無いとどうにもなりません。

それ以外にも、ゴミを捨てるスペースや収納時に探しやすい、余裕のある空間というのもポイントです。

掃除がしやすいか、という観点

最後に、キッチンは汚れやすい場所なので、掃除がしやすいかというポイントを確認します。具体的には

  • コンロ口が新しいものか(新しいものだと掃除しやすい造りになっている場合が多い)
  • キッチンの壁、床の素材、換気扇は掃除がしやすいか
  • システムキッチンかどうか(つなぎ目が多いとほこりやゴミがたまりやすい)
  • 冷蔵庫置き場のスペースは掃除がしやすいくらい余裕があるか

など、細かいところまでチェックして、自分が使いやすそうかを確認する必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク