料理するならシステムキッチン・キッチンカウンター

キッチンが広いと料理がはかどる

料理をやろうと思ったら、キッチンは広い方が良いです。

電気釜や電子レンジ、電気ケトル、冷蔵庫といった料理に必要な家電はそれなりに場所を取りますし、コンロやシンク、また間の作業スペースも広い方が料理がやりやすいです。

実際物件の表示にキッチンが広いか広くないかは記載されていないのですが、物件の検索条件で有る程度目星をつけることが可能です。

それが「システムキッチン」「キッチンカウンター(カウンターキッチン)」です。

システムキッチンとは&キッチンカウンターとは

「システムキッチン」とは、シンク、作業スペース、コンロまでが一枚板のように一体化しているオシャレなキッチンと考えてもらってよいでしょう。

逆に、昔のキッチンはシンクやコンロなどにつなぎ目が多く、オシャレ感があまりありません。

ちなみに一人暮らし用のキッチンはシンク、作業スペース、コンロがたいてい一体化していますが、コンパクトなものでこれを「システムキッチン」と呼びはしません。主にファミリータイプの物件で使われます。

また、「キッチンカウンター」とは、ざっくり言うとキッチンから居間を見渡せるキッチンを言います。

間取りをみると“コの字”の壁に囲まれているキッチンで、キッチン越しにリビング・ダイニングを見渡せる造りで、キッチンそのものも広く作られていることが多いです。

対面キッチン・非対面(クローズ)キッチンのメリット・デメリット

キッチンカウンターはリビングやダイニングと対面しているため、「対面キッチン」という言い方もあります。一方、そうなっていないキッチンは対照的に「非対面(クローズ)キッチン」と呼ばれます。

一人暮らし向け物件ではほとんどがクローズキッチンですが、ファミリー向け物件ではキッチンカウンターも多いです。これはなぜかというと、リビングの様子が分かるため、リビングにいる人とコミュニケーションがとりやすいことや、子供がいる家庭では子供を確認しやすいということがあります。

また、食事が終わった後に食器を片づけるのも、カウンター越しで移動しやすいことから楽な作業となります。

こんな便利な対面キッチンですが、1Rのキッチンと同様に臭いがリビングへ伝わりやすかったり、キッチンを使わない場合の冷暖房に伴う光熱費がどうしてもかかってしまうのがデメリットです。

一方、クローズキッチンはカウンターキッチンよりも家賃的に安く、ファミリータイプでは収納スペースが広いです。そして、来客時にキッチンを見せなくてもよく、リビングに臭いがこもらないです。お客さんが良く来るならクローズキッチンを採用する方がよいかもしれません。

クローズキッチンのデメリットは、キッチンカウンターのメリットの逆で、食器が片付けにくかったり、キッチンで料理する人が孤独になりがちだったりすることです。

このようなメリット・デメリットを比較して、自分に合ったキッチンを選択してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク