キッチンで使うコンロはIHとガスどちらがいい?

賃貸で関わるガスコンロの種類」や「IHで料理する場合に気を付けること」でガスコンロとIHそれぞれについて述べてきましたが、料理をするうえでどちらの方が良いのかを個人的な経験から述べていきたいと思います。

IHのメリット・デメリット

IHは何と言っても「安全でクリーン」というのがメリットです。

ガスコンロと違って火がでないため、燃焼による二酸化炭素発生や吹きこぼれで火が消えた際のガス漏れなど、ガスコンロで考えうるトラブルがかなり解消されますし、ガスコンロのような凹凸も無い平らな台なので、掃除が非常に楽です。

その一方で、料理するには慣れるまでコツが必要です。

まず、IHに対応した鍋・フライパンを用意する必要がありますし、安全のために鍋が台に触れた状態じゃないと熱が発生しません。例えば、

  • チャーハン・・・中華鍋を振ろうとして台から浮かせると熱がストップするため、鍋を熱しにくい(温度が下がりやすい)。
  • オムレツ・・・フライパンを浮かせて火を弱めたくても離れたせいで熱を受けられないため、卵の成形が難しい。

というデメリットがあります。ガスコンロのような感覚で料理するとかなり最初は手こずります。

ガスコンロのメリット・デメリット

ガスコンロは一般的に使われていることもあり、IHのデメリットが解消できます。

洋食屋・中華料理屋でIHが使われているかというとそうでもなく、やっぱり王道は“火”をうまく使うことなんだと思います。

しかし、IHに慣れてしまうとガスコンロは非常に手間がかかります。

まず、コンロ口は掃除がしにくいため、頻繁に掃除をしないと不衛生になりがちです。また、ガス漏れや不完全燃焼による一炭化酸素中毒の恐れもあります。一人暮らしなら特に注意して使用しなくてはなりません。

こだわるならガスコンロ、手軽に使うならIH

料理しっかりやりたい、チャーハンやオムレツを極めたい!という意気込みならガスコンロがやっぱりお勧めです。

しかし、そこまでこだわらないというのならIHはかなり便利です。また、IHが設置されている物件は比較的家賃が高いので、そこも考慮して物件を選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク