独立洗面台と二点式ユニットバスの違い

doku2ten

2点式ユニットバスとは?

お風呂の種類でも記載していますが、ユニットバスには備え付けの設備により種類がいくつかあります。 再掲となりますが、ユニットバスには以下の3種類が一般的です。

  • 1点式浴槽・・・浴槽のみ
  • 2点式浴槽洗面台・・・浴槽洗面台
  • 3点式浴槽洗面台トイレ・・・浴槽洗面台トイレ

つまり、2点式ユニットバス とは『浴室に洗面台があるもの』、すなわち3点式のユニットバスにトイレがないものと考えておいた方が良いでしょう。もちろんトイレが無い部分は、浴室横の体を洗うスペースとして利用できます。 独立した洗面台が無い場合、朝顔を洗ったり歯磨きをするといった場合、キッチンのシンクを使わないならこちらの洗面台を利用することになります。

独立洗面台は二点式ユニットバスと比較しどんな点が良いのか

というよりも、2点式ユニットバスの洗面台は使いにくい点がいくつかあります。

1.洗面台が狭く、真正面に立てない

洗面台がユニットバスと同じ形式なので、基本的に広くはつくられていません。 また、浴槽の囲いの上部に設置されているので、基本的に洗面台へはちょっと横になって利用することになります。この態勢で蛇口が邪魔になることもあり、普通の洗面台とは違うコツが必要になってきます。 unitbath01

2.物を置くスペースが限られる

浴室の中に洗面台があるので、濡れて問題があるものは洗面台のそばに置くことができません。 外に置いておいて、洗面台を使う場合に浴室内に持ち込むといったことが毎度必要になります。

3.風呂で使った水滴が床に残っている場合がある

お風呂に入った後に洗面台を単独で使おうとすると、浴室が濡れているため当然裸足で行くと足が濡れます。しかも冬だとかなり冷たい思いをします。個人的にはこのデメリットが厳しいです。朝方でも換気がうまく行ってないと前日の水滴が残っていたりして、靴下を良く濡らしていたりしていました。 以上のことから、独立洗面台の方が広く、スペースが置け、マットを敷くなどすることができて、メリットがあるということです。

結局は家賃次第

とはいえ、独立した洗面台があるということは、その分部屋の広さを取られているということになります。また、洗面台もユニットバスに比べて高くなりますから、その分家賃が高くなるということです。 以上のデメリットを踏まえて、自分が問題ないようであれば2点式のユニットバスを採用するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク