バス・トイレ別と3点式ユニットバス

ここではトイレとお風呂を一緒にしたほうがよいのか、しなくてもよいのかを決めかねているような人に参考となりそうなことを書いていきたいと思います。

46737194_624

バス・トイレを別室・同室とする意味

お風呂(バス)とトイレを分けた方がよいか、という話については「分けた方がいい」と答えます。

ただし、バスとトイレが一緒の物件は、そうでない物件よりも家賃が安い傾向がありますし、同じ部屋の広さがあれば同室の分だけ部屋の広さを確保できているとも言えます。

なので、お風呂をそれほど重視しておらず、家賃を安く抑えたいと考えいている場合は3点式ユニットバスのバストイレ同室の物件を選ぶのもよいでしょう。

もともとこのバス・トイレが同室というのは欧米の文化が取り入れられており、シャワーがメインの生活にあった造りになっているのに対し、日本は浴槽とトイレは別で、ゆっくにお風呂につかるという習慣がありました。この習慣を考え、自分がどちらに合っているかを考えてみて下さい。

バストイレが同室のユニットバスの使い方

ユニットバス(3点式)の使い方ですが、まずはお風呂とトイレ(&洗面台)を仕切るシャワーカーテンが用意されていることを確認しましょう。これが無いときは自分で購入しなくてはなりません。

お風呂に入る場合は、シャワーカーテンを浴槽の内側に入れるように仕切り、浴室の上でまずはお湯は貯めずにシャワーを浴び、頭や体の汚れを落とします。その後、お湯を張って浴室に浸かる、という流れになります。

なので、寒い地域ではお湯が浴室に貯まるまでなかなか待ってられない&時間がかかるので、シャワーしか浴びなくなってしまうというのが経験としてあります。

また、シャワーカーテンからシャワーの水しぶきがはみ出てトイレの方に飛んでもあまり問題はないのですが、トイレマットやトイレットペーパーなども水浸しになる場合がありますので注意してください。

3点式ユニットバスを効果的に使おう

バストイレ別ではないユニットバスをうまく使うためのポイントをいくつか挙げておきます。

  • トイレタンクの上は限られた物置スペースなので、効率よく使いましょう。
  • シャワーカーテンはカビやすいので、定期的に外に出して乾かしましょう。
  • シャンプーなどの体・髪を洗うものを置く場所が以外と確保しづらいので、専用のラックシャワーラック壁に設置できるディスペンサーなどがあってもよいでしょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク