お風呂の種類

「ユニットバス」という名称の勘違い

一般的な認識のとして、「ユニットバス=ホテルみたいな感じでバス・トイレ一緒」という感覚があるかもしれませんが、そうではありません。

ユニットバスは、通常の浴槽を設置する場合と違って、お風呂場そのものの空間を一式として販売しているものです。

ユニットバスが無ければ、家を建てるときにお風呂用の部屋にタイルを敷き詰めて、そこに水道管を通し、浴槽を設置して・・・などを行わなくてはなりませんが、ユニットバスなら、お風呂用の部屋にユニットバスを設置し、水道を通せば完了となるため簡単にお風呂の設営ができるからです。

ちなみに、ユニットバスには以下の3種類が一般的です。

  • 1点式浴槽・・・浴槽のみ
  • 2点式浴槽洗面台・・・浴槽と洗面台
  • 3点式浴槽洗面台トイレ・・・浴槽と洗面台とトイレ

このうち、バス・トイレが一緒なのは3点式のものだけです。1点式・2点式はトイレは別だということです。

1点式のユニットバスはトレイだけでなく洗面台も別についていることがほとんどです。

なので、浴室とトイレは「ユニットバス」という言葉だけで判断しないようにしましょう。

浴室の素材による種類

ユニットバスにも最近はいろいろ種類が出てきています。

特に、ちょっと前までユニットバスの素材はFRP(ガラス繊維強化プラスチック)でできたものがほとんどで、ビジネスホテルのバス・トイレもこの素材です。

保温性・耐久性・耐衝撃性が高くて安価なものなのですが、最近になってアクリル系、ホーロー、ステンレス、人造大理石といった別素材のユニットバスもでてきています。

あまりユニットバスの素材で物件を選択するという場合は少ないかもしれませんが、普通のユニットバスと違う場合は、どのように違うかを不動産屋に確認してみるのもよいでしょう。

賃貸物件でお風呂を選ぶ・見るポイント

まず、「お風呂にゆっくり浸かりたいか、シャワーだけで良いのか」を決めましょう。

前者であればバス・トイレ別が必須だと思いますし、後者ならばバス・トイレが一緒で問題ないでしょう。

そして、洗面台が独立している方がよいのであれば1点式が必須ですし、そうでなくてもよいのであれば2点式のユニットバスでも問題ないでしょう。

また、2人で住むような場合、トイレを通過しないとお風呂場に行けないような造りの場合、片方が入浴中はトイレにいけないという場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク