修繕費・クリーニング費は妥当かを確認する

敷金の返還を巡るトラブルというのは結構多いです。管理人も大学を卒業するときに敷金を大家から返してくれなくてトラブルになりそうなことがありました。このようなことを防ぐために、敷金については事前に知識をしっかりとつけておくということが大事です。

退去時の立会時に必ず退去費用の説明を受けよう

まず、退去する際に大家または大家が委託する業者が必ず立会いを行い、修繕費がどのくらいかかるのかの見積りをすることになりますので、その場に必ずいるようにして下さい。

修繕費は部屋の中に壊れたり傷があったりする場合にかかる費用ですが、例えば自分がつけたわけでなく最初からあった傷の修繕費用を請求されたり、退去時には無かった傷がいつのまにか付いていてその分の費用を請求されたりするという悪質な業者もいます。

退去時の立会いの際は「こことここが傷があるからその分の費用を請求するね、だいたいいくらくらいね」というのを確認して、それ以外の費用は請求しないように一筆もらうようにしたほうがよいでしょう。また、あとで無かったはずの傷がいつのまにかついてしまっていたということがないよう、立ち会った人の前で部屋の中の写真をくまなく撮影するようにすると後で追加費用の請求はされにくくなるでしょう。

修繕費・クリーニング費などが相場より高くないか?を確認する

また、たとえ無いはずの傷をでっち上げられたりされないまでも、クリーニング費用や修繕費用がやたら高く見積もってくるという場合もあります。相場はいくらかというのは家の中の傷の具合などによってわかりにくいものですし、たいていは大家が指定した業者が見積ることとなりますので、そのまま見積りを受け入れてしまうパターンが多いです。

しかし、大した汚れや壁紙の張り替えも無いのに、修繕とクリーニングで敷金2ヶ月分が全額差し引かれるということは無いと思いますので、そんな費用を請求してきた場合は、「退去費用がちょっと高いと思いますので、見積もりが妥当かどうか別の業者からこの部屋の修繕費とクリーニング代の見積りを取りたいと思います」と大家や業者に宣言しましょう。これだけでも胡麻化している場合は効果があると思いますし、胡麻化していない場合は何故そのくらい費用がかかるのかを説明してくれると思います。

契約書にある費用負担の分担も確認する

最後に、「こういう場合は入居者が費用を負担する」「こういう場合は大家が費用を負担する」というのは最近は契約書に明確にかかれているものもあります。

管理人が持っている昔の契約書の中には以下のようなものが書かれています。

  • 入居中の風呂、トイレなどの破損は入居者負担
  • 壁は自然損耗を除く汚れ、しみ、傷が生じた場合はその復旧費用は入居者負担

特記事項として特別にかかれている点は契約時にも注意しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク