敷金が戻ってこない場合がありうる?

敷金は退去時の費用を差し引いた者が原則返ってくるもの

『「敷金」の正しい意味とは?』などでも触れていますが、敷金は原則的に退去時に戻ってくるお金です。しかし、退去時には修繕費やクリーニング代がかかるので、その分を大家が入居者に請求して敷金を返却するというよりも、敷金の中から引いて差額を返却するというようにしたほうが入居者もお金を用意しなくて良いということになります。

昔は大家が入居者に「クリーニング費用が高い」とか「修繕で結構お金がかかるんだよね」とかなんだかんだ言いくるめて敷金を返却しないようなところもありましたが、最近ではそのような悪質な対応へ減ってはきているもののトラブルは無くはありませんので注意は必要です。

以下ではそういったトラブルではないけども敷金が戻って来ないケースもある場合を紹介します。

契約時に「敷金償却」となっている場合

まず、契約書に例えば「敷金2ヶ月(1カ月分償却)」と書いてある場合、間違いなく敷金の1カ月分は戻ってきません。敷金償却とは、敷金のように原状回復のために修繕費やクリーニング費にあてるものの、償却分は一切返却しませんよ、というものです。いくらクリーニング費や修繕費を押さえようと生活しても、この償却分の1カ月はどうしても大家さんからは返却されないし、修繕費が家賃1カ月分以上かかるのであればさらに敷金から引かれるということになります。

ですので、契約書上の文章に書かれているかどうかを事前に確認しておく必要があります。

敷金ゼロや退去時の費用が敷金を上回る場合

上でも書いたとおり、退去時にかかる修繕費やクリーニング費などの退去費用の合計が預けている敷金を上回る場合は当然敷金は差し引かれて返って来ないどころか追加で退去費用を支払わなくてはなりません。

また、敷金がゼロなら当然預けていないので戻ってくることも無いです。この場合、退去費用は別に請求されるので、入居者は大家に支払わなくてはなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク