「敷金」の正しい意味とは?

敷金は入居者が大家に「預けているお金」だということを理解する

敷金というものは、礼金のように大家へお礼としてあげるお金とは全く異なり、単に大家へ預けているお金です。ですので本来は退去時には戻ってくるお金だというのが敷金の原則的な考えです。

万が一家賃の滞納等があった場合、本来は入居者もしくは連帯保証人から取り立てるということになりますが、その両人から取り立てられない場合は最悪この敷金か充当することもできたりするので、大家にとってはリスクヘッジともなります。

退去時にかかる入居者の費用は敷金から引かれる

しかしこういうケースはまれで、大抵敷金は退去時にかかる費用を負担してもらうために使われます。詳しく言うと退去の際に入居者側で負担しなければならない修繕費やクリーニング費用はお金を払ってもらわなくはならないのですが、それを敷金から差し引いて差額分だけ返却するというのが一般的になっています。

例えばペット可の物件の場合、ペットを飼わなければ敷金は2ヶ月分でよいのに、ペットを飼うようであれば敷金を3カ月分とする、と書いていある物件もありますが、これはペットを飼うことによって壁や柱などペットがつけると予想される傷の修繕や部屋のよごれ、臭いを撮るためのクリーニング費用がペットを飼わない場合と比べて費用が大分かかってしまうからです。通常より多く修繕費・クリーニング費がかかるのを取り漏れないために大家が敷金を高めに設定するということなのです。

退去時に敷金をなるべく差し引かれないようにするには

ですので、敷金を多く戻すためにはなるべく修繕費・クリーニング費がかからないようにすればよいのです。クリーニング費はよっぽど部屋を汚さない限り大抵一定の額を支払えばよいので、ポイントとなるのは修繕費のほうです。

なるべく壁紙を汚さないようにすれば張り替えにかかる費用は負担しなくてよいし、傷をつけないようにすればその分のお金もかかりません。部屋を丁寧に使うようにすると敷金が多く返ってくることになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク