仮押さえ時の「手付金」「申込金」という言葉に気を付ける

『仮押さえ時の「手付金」「申込金」という言葉に気を付ける』の記事でもありますが、物件を仮押さえするには不動産屋にお金を預ける必要があります。このお金をどういった名目で預かるのかを注意しないとトラブルの原因となるので気を付ける必要があります。

「申込金」とは

「申込金」は仮押さえした場合にキャンセルしてもそのお金は戻ってくるものです。実際に契約に至った場合は大抵不動産への仲介料や賃料の一部として負担される場合がほとんどだと思います。

「申込金」は単に相手に預けておくだけのお金なので、この場合はあまり心配する必要がありません。

「手付金」とは

「手付金」の場合、契約をキャンセルした場合はお金が戻って来ない場合があります。

「手付金」は契約時の内金として理解されるので、契約時の「事務手数料」の一部として使われたり、契約を解除した場合は「手付流れ」という名目で全額取られる場合があります。

トラブル発生時の相談先

このように仮押さえをする場合は「キャンセルの場合は必ず全額返金する」旨の文章に合意を得る(文章にハンコを押す)くらいの依頼をした方がよいでしょう。

それでも返金して見ら得ないなどのトラブルに見舞われた場合、いくつかの方法があります。

例えば返金してもらえないトラブルを第三社に相談したい場合は「消費者センター」を使うという手があります。また、その不動産屋が話に応じてくれない場合には自治体の公共施設である「不動産相談窓口」に相談して不動産屋を指導してもらうという手もあります。最後に返金されないお金を取り戻したい場合は、その不動産屋が加入している「保証協会(ハトかうさぎのマーク)」へ相談するというのも手でしょう。

このようなトラブルは良くあるので、相談窓口があるということを知っておくと泣き寝入りする必要も無くなると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク