業者に気持ち良く仕事をしてもらう方法

引越し作業員も同じ感情を持つ人間だということを理解する

引っ越し作業を行う時に来る業者の人は大抵初めて会う人だと思います。業者の人は仕事で来ることになるのですが、仕事を適当にやられるのとしっかり気持ちを込めてやってもらうのとでは、おそらく結果が違いとして現れると思います。

「こいつのために作業したくないな」と思われるようなことがあれば、(たとえあとあと面倒なことになるかもしれないと思っても)引っ越し作業が手抜きとなり、荷物を雑に扱われたり建物を汚してしまったりすることがどうしても出てしまいます。

「プロだからそういうのはいけないことだ」と思うのは客側の心理で、自分が仕事をするときは手を抜きたくなる時もあれば適当にやればいいやと思うこともあるはずです。作業員も人間。このように自分と同じような感情をもって仕事に来ているということを理解しましょう。

受け答えははっきり、良くしてくれたら感謝の気持ちを伝える

客であるこちら側が気を遣いすぎるのも変なのですが、まず作業員から聞かれたことに対してはっきりと答えることが大事です。例えば「この荷物はどこに置いたらいいですか?」という問いに対し、返事が曖昧だと結局どこに置いたらいいかわからないということになり、作業員もこのようなことが続くと「何だこいつ」ということになりかねません。

また、作業員が気を使ってくれたと分かったら、素直に感謝の気持ちをしっかり伝えることが大事です。「プロで仕事で来てるから当たり前だろう」と思わず気持ちを伝えることで作業員も気持ち良く仕事をしてくれることでしょう。

管理人がやるちょっとした気配り

私は1人暮らしの引越しで必ず作業員分の缶コーヒーを用意しておきます。

荷物の積み込みが終わってトラックに乗る時、チップみたいな形で渡しておくのです。これだけで作業員の引越し先での作業が比較的はかどるような気がしますし、「このくらいの不用品なら持ち帰りますよ」と、粗大ごみをタダで処分してくれた時もあります。

ファミリーの引越しの時はチップや一日がかりの作業になったらお弁当や出前を頼んであげるというのもいいかもしれません。ちょっとのお金でしっかりと仕事をしてくれるほど良い仕事の依頼の方法は無いからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク