自分はどのタイミングで引越し先へ移動するの?

By: Gabriel
By: Gabriel

引越し業者のトラックで自分は運んではくれない

引越し業者に頼んで荷物をトラックに積み込み、さあこれから新居に向かって荷物を運んでもらう、という場合、自分はどのように新居まで移動すればよいのでしょうか。 「トラックでどうせ荷物を運ぶんだから一緒に乗せてもらえばいい」と思いがちなのですが、大抵の場合これは断られると思います。

何故かというと、トラックに乗る人以外の分の保険に加入していない場合が多く、事故などが起こった時にその入居者が乗っていた時のケガなどの責任を負えないからなのです。 トラックで荷物と作業員が移動するのとは別に、自分は電車などで目的の最寄りの駅に移動し、物件までは徒歩やバスなどで歩いていくことになります。

荷物の搬入と同時に自分も出発し、早めに到着しておく

トラックが出発したら、遠距離で無い引越しで当日作業の場合はあればなるべく早く自分も旧居を出発し、新居へ早めに到着する必要があります

本当は旧居の内部の写真を撮ったり掃除をしたりとやりたいことはあるはずなのですが、はやく新居へ行かないと作業員が新居に入れず作業の待ちぼうけをくらうこととなり、作業時間が遅れて次の人の引越しに影響が出ることになります。こうなったらいろいろと問題になりかねません。

長距離の引越しの場合は計画性を持つこと

逆に長距離の引越しの場合はそんなに簡単に移動できるものではありませんので、旧居のトラックが出発したら新居にトラックが到着する日時があらかじめ計画として通知されると思います。それに間に合うように旧居を出ればいいので、時間に余裕があれば旧居の中で掃除などの作業や退去の立会を実施することができます。

こうして退去の手続きをもろもろ済ませた後に旧居を出発して、新居での荷降ろしを経て引越しを完了するという流れになります。新居へ移動した後にまた旧居に戻らなくてはならないようなことにならないよう、スケジュールを立てることが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク