引越し業者を積極的に手伝う必要はない

引越し業者が来たら手順を確認する

引越し当日に引越し業者が到着したら、引越しをどのような段取りで行うか手順を確認しあう。この時、事前に作っておいた見取り図や家具のレイアウトイメージ、間取りの情報を渡しておくとよいでしょう。

1人暮らしの引越しなら2人程度の作業員が来て、荷物も少ない分さっさとトラックに運びこんでくれるが、ファミリーの引越しとなるとその委託する作業内容にもよりますが、多くの人が来てバタバタと作業が始まります。引越し先のことも合わせて、意識合わせは事前にすべて実施しておくことが重要です。

立ち合いと指示出しに徹し、業者を手伝わない

作業が始まると、作業を依頼した側の自分は業者にとってははっきり言って「邪魔」です。無理に手伝おうとせず、基本は業者にすべて運搬や積み込みなどをお任せするようにしましょう。

この時口うるさく指示するというよりは、聞かれたことに対して答えるということに徹することが大事です。口うるさくいろいろ言わなければいけないのは事前の意識合わせの準備不足ということなので、それは事前にしっかりと行えば業者とのコミュニケーションもうまく行きやすいです。

「それはワレモノだから運ぶの注意して」とか「そこに壁があるから気を付けて」とか言いたくなるのですが、ワレモノなら事前にダンボールに書いておけばいいですし、壁があるのは分かっているはず。作業員を信頼するようにすれば、作業員もいちいち指摘されてイライラしないようになります。

搬入・搬出中に意外と暇になったらやること

では実際作業を任せている間、特にやることがなければ何をすればよいかというと、基本的には作業で変なことが無いかを気にしながら見ているというのが基本です。これが立ちあいというものですから。

しかし、ある程度作業が終わり荷物の積み込みが終わりかけてきたら、その時に壁や周りなどの写真を取って退去の立会に向けた交渉準備を進めて置くのもよいでしょう。

気を付けなければならないのは自分でつけた傷ではなく、業者がつけた傷によって修繕費を大家から取られるという場合もありますので、業者が何かしら傷を付けるようなことが無いかをしっかりチェックすることが一番大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク