賃貸借契約書でチェックすべきポイント

「重要事項説明書」で触れない重要なことが「賃貸借契約書」に書かれている

重要事項説明では物件や法律の規制などの説明を受けることになりますが、その後に正式に契約を交わすことになる「賃貸借契約書」には「賃貸条件」や「禁止事項」など、重要事項説明書にはかかれていないけれども重要な事項がかかれています。

基本的に契約書に書かれていることは「聞いてなかった」という言い訳は後になってできないので、しっかりと読んで理解するようにしましょう。

まあ、法律で賃貸借契約で入居者の不利になるような条件はかかれていないようにはなっている(もし不利な条件があった場合はそのものが無効になる)ので良いのですが、それでも専門用語が多くて読みづらい契約書であることは間違いないので、調べながら確認するようにしましょう。

一般的な賃貸借契約書で確認するポイント

社団法人「全国宅地建物取引業協会」で設定している標準的な契約書の項目から抜粋しているのが以下の内容になります。少なくとも、以下の点についてどのような契約内容になっているか、事前に聞いていた話と違っていないかを確認してみて下さい。

  • 頭書(重要な事項の抜粋)
  • 契約の締結(契約の種類)
  • 契約期間
  • 賃料
  • 共益費・管理費
  • 負担の帰属(○○の場合はどちらが費用負担する、などの規定)
  • 敷金
  • 禁止または制限される行為
  • 入居中の管理義務
  • 契約期間中の修繕
  • 契約の解除
  • 入居者からの契約解除
  • 明け渡しおよび明け渡し時の修繕
  • 通知義務(家賃の振込先の変更などある契約内容が変更した場合に通知する義務があるということ)
  • 遅延損害金
  • 連帯保証人
  • 免責
  • 特約事項

賃貸借契約書で一番見逃してはいけない項目

重要な項目だけれでもたくさんいろいろなことが書いてある賃貸借契約書ですが、一番見逃してはいけないのは「数字」の部分です。賃料や敷金・礼金など、お金の部分はもちろん、家賃の支払い日や家賃の○ヶ月分という数字も聞いていた内容と違うかどうかを確認しておきましょう。

他、禁止事項にも聞いていないことがかかれていないかどうかが重要です。ペットを飼ってはいけないのにペットを飼うなど、この点は違反するとトラブルのもとになりますので、遵守するように努めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク