重要事項説明書に書かれている内容

賃貸を契約する前に必ず受ける「重要事項説明」

実際に賃貸を契約して契約書にハンコを押すといったまさにその時に、不動産屋さんのえらいような人というかそれっぽい人が、契約書の内容の重要なことについて説明するというイベント?があります。

これは、賃貸契約におけるトラブルを回避するために、「宅地建物取引士」(2015年4月までは宅地建物取引主任者という名称でした)という国家資格保持者が契約者に必ず説明しなくてはならないという法律があるのです。

この説明を受けた、というサインをしてから実際の契約書へのサインを行うという流れになりますが、以下で具体的な説明内容を見ていきましょう。

重要事項説明書の内容1.建物に直接関係する事項

説明する内容として「建物に直接関係する事項」というものがありますが、それは簡単に言うと以下の通りです。

  • 取引態様:不動産の取引について、誰がどういう役割で契約関係を結ぶのかの立場を説明します。
  • 貸主などの表示:物件を貸している人。大家さんまたは法人の場合もある(管理会社など)。
  • 建物の表示:物件の名称や部屋番号、住所、構造、種類、築年数、面積、間取りなど物件の基本的な情報を説明します。チラシと合わせて間違いが無いかをチェックしましょう(特に数字!)。
  • 登記簿に記録された事項など:建物の所有者。貸主とは違う場合あり。所有者が破産などしない限りはあまり借主には影響はなし。
  • 飲用水・電気・ガスの供給施設および排水施設の整備状況:生活インフラ系の説明。電気の容量(アンペア数)やガスの種類(都市ガス・プロパンガス)は気にしておきましょう。
  • 建物の設備の整備状況:物件に取り付けられている設備の説明。エアコンや照明など設備そのものと、付帯設備または前の人の残置物なのかを確認しておきましょう。

重要事項説明書の内容2.取引条件に関する事項

建物の直接以外に「取引条件に関する事項」も同様の説明があります。

  • 借賃・借賃以外に授受される金額など:お金についての説明。家賃以外に敷金、管理費、駐車場、自治会費など、見落とさないように。
  • 契約の解除に関する事項:どんな時に契約を解除されるかの説明。家賃滞納が何カ月かとか、退去の申し出から何カ月で契約解除できるかをチェックしておきましょう。
  • 契約の種類・期間・更新などに関する事項:普通賃貸契約か定期借家契約かは要チェック。その他、契約期間と更新料は確認しておきましょう。
  • 用途その他の利用の制限に関する事項:楽器ダメ、ペットダメなどはここに書いています。
  • 敷金などの清算に関する事項:退去時の修繕費やクリーニングの費用が敷金で清算できるかを確認します。
  • 管理の委託費:入居中の相談先になるので連絡先などをチェックしておきましょう。
  • 特記事項:ワケアリ物件ならここに書かれます。

重要事項説明書は契約時に非常に重要なことが書かれています。後から契約変更するというのは難しいので、疑問に思うことは必ず確認しておくようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク