ゴミ捨て場&ルールはチェックしておきたいポイント

ゴミの捨て方は地域や自治体、住む物件ごとに違うので、ゴミが良く出る引越し後は特に確認しなくてはならないポイントです。

管理人は以前、その確認を怠り実際どこにゴミを捨てたらよいかわからずしばらくゴミを捨てられなかった経験があります。

通常、不動産屋や大家さんから指示があったり、自治体からごみ捨て方法のチラシが配布されたりするのですが、無かった場合は確認しておきましょう。

物件と一緒に確認しておきたいゴミ捨て場のチェック

管理人がそれまで経験したゴミ捨て場というのは、「ゴミ捨て場の札が掲載されている家の近くの指定の場所に、決まった曜日に燃えるごみ・資源ごみを分別して捨てる」というものでした。

しかし、新しく引っ越した物件の近くにはそういった札が立っていた場所は無かったので、どこに捨てたらよいかわかりませんでした。

後日判明したのは、物件ごとに物件の脇に一か所まとめて捨てる、というものであり、別の住人がゴミを捨てている場所を目撃してからようやくゴミの捨て方が分かった、ということでした。

このように、いざ分からないとゴミが捨てられてないという苦労がありますので、最低限確認はとった方が良いかと思います。

ゴミ捨て場のパターン別メリット&デメリット

上記の管理人の場合のように、指定のごみ捨て場に曜日を指定されて捨てるという場合の他に、マンションには専用のごみ捨て場がある場合も多いです。

マンション専用のごみ捨て場がある場合、そのゴミ捨て場の管理を誰が行っているかで使い勝手が違います。あまり管理が厳しくない場合、ゴミは収集される曜日・時間に関係なくいつでも捨てられるのが非常に大きなメリットになりますが、管理が厳しいところではそれを許さない場合もあるので注意が必要です。

また、指定のごみ捨て場に捨てる場合は、収集される曜日の当日の朝にしか捨てられない場合もあるため、時間が制約されるというデメリットがあります。

なるべくなら専用のごみ捨て場があり、時間や曜日に関係なく捨てられるような環境があれば狙い目です。

ゴミ分別の内容は事前に確認しておけ

ゴミの分別は地域ごとに異なり、厳しい場所では分別がうまく行ってない場合、収集されない恐れもあります。

燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみ、金属小物類のごみ、など名称も様々で、例えば同じプラスチックでも燃えるゴミ扱いの地域もあれば燃えないゴミ扱いの地域もあります。

主に都会では分別が緩く、田舎では分別が厳しい傾向があります。自治体の指示に従って分別内容を把握しておいて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク