下見の時と部屋の傷・汚れなど変化がないかを確認する

搬入時につけられた傷・汚れが無いかを改めて確認する

引越しの荷物の搬入が終わったら、荷物の紛失・破損の確認を行うと同時に、搬入時に部屋の壁などに傷がつけられていないか、または下見の時に発見できなかった汚れとかがないかをまずは確認しておこう。

意外と下見の時から入居のタイミングまでは他の人が下見をしたり大家が立ち入ったりしているので、傷や汚れがつけられている可能性もあるからです。

荷物を片づける前に写真を撮影しておく

この傷や汚れはあらかじめ写真を撮っておくとよいでしょう。また、このタイミングで他の壁などの写真を撮っておけば、退去時に修繕費を大家と自分とどちらで分担するかのいい判断材料となります。特に、最初からあった傷や汚れは自分が負担するべきものではないため、この点を中心的に撮影しておきましょう。

生活に支障のある破損などが確認できたらすぐ大家や不動産屋へ連絡する

このタイミングで変な傷や汚れがある場合に、明らかに引越しの際につけられたものでなければ大家や不動産屋に連絡し、「下見の時に見たことが無い傷や汚れがあるんですけど」ということを連絡しておきましょう。

これは、後で退去の時までにこの傷や汚れが残っている場合、自分がつけた傷でもないのに修繕費を請求されることを防ぐためです。あくまで「これは入居以前からあった傷・汚れだよ」というのを大家にも認識させて、修繕費を大家負担とすることが目的です。

事前に連絡しておけば、入居中の傷ではないことは納得してもらえるでしょう。退去の際に余計な費用を負担しトラブルにならないようにするために意外と重要なポイントなので、面倒ではありますが対応しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク